森井英一

2019年1月10日
抗がん剤治療後の食道がん遺残パターンと術後再発との関係を解明

大阪大学大学院医学系研究科の橋本直佳大学院生、牧野知紀助教、土岐祐一郎教授(消化器外科学)、森井英一教授(病態病理学)らの研究グループは、標準治療である術前化学療法後の食道がんの腫瘍遺残パターンが、粘膜層~粘膜下層の浅い層に最も多い一方で、表層(粘膜層)から腫瘍が消失しているケースも約4割に認められ...

2018年7月10日
肥満による前立腺癌進行のメカニズムを解明

大阪大学大学院医学系研究科の藤田和利講師、野々村祝夫教授(泌尿器科学)らの研究グループは、高脂肪食により前立腺で炎症が起こり前立腺癌の増殖が促進されること、炎症を抑制することにより前立腺癌の進展を防ぐことを明らかにしました。これまで高脂肪食による肥満は癌の進展を促進することが知られていましたが、詳細...

2017年8月30日
組織透明化技術「CUBIC」をヒト病理組織診断に応用

理化学研究所(理研)生命システム研究センター合成生物学グループの上田泰己グループディレクターと洲﨑悦生客員研究員、大阪大学大学院医学系研究科の森井英一教授と野島聡助教らの共同研究チームは、組織透明化/3次元イメージング技術「CUBIC」が病理組織診断に応用できることを実証しました。 病理組織診断は...

Tag Cloud

back to top