核酸医薬

2015年3月5日
日本発!がん治療法の革新~世界最小クラスの核酸医薬デリバリーシステムを開発~

大阪大学大学院医学系研究科外科学講座(消化器外科学Ⅰ)の山本浩文准教授と呉しん大学院生(博士課程4年)の研究グループは、静注(静脈注射)可能な世界最小クラス:10nm(ナノメートル)サイズの遺伝子送達試薬:スーパーアパタイトの作成に成功し、飛躍的に効率よく固形がんに核酸を集積させることに成功しました...

Tag Cloud

back to top