松山智至

2016年9月15日
走査型蛍光X線顕微鏡を用いた細胞内脂質イメージング

脂肪酸代謝異常は多くの疾病と関連が深く、多くの生化学的研究報告が行われています。一方、脂肪酸という小分子の標識は難しく、非標識では細胞レベルの観察は困難という理由から、細胞内脂質イメージングは実現できていませんでした。国立国際医療研究センターの志村、進藤らのグループは、脂肪酸に一元素(物質の最小単位...

2016年4月21日
世界初!ビームサイズを自由自在に制御できるX線ナノビームの形成に成功

大阪大学大学院工学研究科の山内和人教授、松山智至助教、北海道大学電子科学研究所の西野吉則教授、理化学研究所放射光科学総合研究センターの石川哲也センター長、矢橋牧名グループディレクターらの研究グループは、X線用の高精度形状可変鏡を開発し、X線ナノビームの集光スポットサイズを自由自在に制御することに世界...

Tag Cloud

back to top