日本文学

2017年6月14日
中尾 薫 文学研究科文化表現論専攻 准教授

中尾薫准教授は、伝統芸能の能楽を研究している。「能楽を大成させた観阿弥・世阿弥親子の時代から約600年。その源流から数えると1000年以上の歴史があり、時代の変遷で演じ方や社会との関わり方がどう変わり、また変わっていないのかを調べています」と話す。...

2016年3月9日
「くずし字」学習支援アプリを開発

大阪大学大学院文学研究科の飯倉洋一教授らは、江戸時代以前の文書の解読に必要な「変体仮名」「くずし字」の学習を支援するアプリケーション「KuLA」(Kuzushi-ji Learning Application)を開発し、2016年2月18日に公開しました。本アプリは、iOSとAndroidに対応し、...

Tag Cloud

back to top