抗体

2017年9月15日
新しいデザインの小型抗体フォーマットを開発

大阪大学蛋白質研究所の高木淳一教授らの研究グループは、全く新しいデザインのフラグメント抗体のフォーマットを開発しました。 近年、バイオ医薬品として注目されている抗体分子は、研究用のツールとしても様々な分野で応用されています。その際、全長の抗体をそのまま使うだけでなく、用途によっては断片化して小さく...

2016年4月26日
病原微生物を退治する新たな生体防御システムを発見

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター/微生物病研究所の平安恒幸助教と荒瀬尚教授らの研究グループは、病原微生物の侵入を検知する新規のヒトレセプター(受容体)を発見し、ヒトの生体防御に働くことを世界で初めて突き止めました。 ...

Tag Cloud

back to top