心臓血管外科学

2020年2月12日
僧帽弁閉鎖不全症に対する新しいカテーテル治療

大阪大学 大学院医学系研究科の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのグループは、これまで重症心不全患者に対する筋芽細胞シート移植やiPS細胞を用いた再生医療など、多岐にわたる重症心不全治療の開発を進めてきました。また、一方で低侵襲心臓手術の推進にも積極的に取り組み、2009年に経カテーテル的大動脈弁置換術を...

2019年11月29日
細胞スプレー法で心不全の治療を目指す

大阪大学医学部附属病院(以下、阪大病院)の澤芳樹教授らの研究グループは、細胞を心臓表面に直接投与する「細胞スプレー法」を開発しました。本技術を保険が適用される一般的な治療として確立させるために、虚血性心筋症患者を対象に「ADR-002K」の医師主導治験(第I相試験)を、本年11月から阪大病院で開始し...

2016年5月31日
再手術リスクが低い高耐久性の心臓人工弁移植手術に成功

大阪大学大学院医学系研究科外科学教室(心臓血管外科学)の澤芳樹教授らのチームは、2016年5月13日大阪大学医学部附属病院にて、43歳女性の先天性心疾患術後肺動脈弁機能不全患者に対して、新鮮脱細胞化ヒト心臓弁を使用した心臓弁移植手術を行い、5月30日に無事退院しました。この心臓弁移植手術は、大阪大学...

Tag Cloud

back to top