市民社会

2017年10月27日
ITを用いた地域連携 防災・見守りの仕組みづくりに挑戦

稲場圭信教授は、寺社などの宗教施設を地域資源とした防災の研究・実践に取り組み、2014年から、全国の避難所および宗教施設など約30万件のデータを集積した、スマートフォン用災害救援アプリを無償提供。防災を基盤に、ITを活用した新たなコミュニティの構築を模索している。...

Tag Cloud

back to top