山崎晶

2018年10月23日
人食いバクテリアが免疫を回避する機構を解明

大阪大学微生物病研究所/免疫学フロンティア研究センターの山崎晶教授らを中心とする共同研究グループは、劇症型溶血性レンサ球菌が、免疫受容体の働きを阻害する脂質を産生して免疫系から逃れることで劇症化し、重篤な致死性感染症を引き起こすことを明らかにしました。この脂質の産生経路を阻害することで、感染に伴う致...

2017年4月4日
細胞の損傷を免疫系に知らせる脂質を発見

九州大学生体防御医学研究所、大阪大学微生物病研究所の山崎晶教授らの研究グループは、グルコシルセラミドと呼ばれる生体内の脂質が、ミンクルという免疫受容体に結合し、免疫系を活性化する役割があることを発見しました。 細胞が損傷を受けると、それを体から取り除くために、免疫系が活性化されることが知られていま...

Tag Cloud

back to top