小西毅

2015年5月21日
世界初!高精度アナログ・デジタル変換の全処理を光技術で実現

大阪大学大学院工学研究科の小西准教授らの研究グループは、世界で初めて10兆分の1秒(100フェムト秒)を超える“ジッタ”(通信における時間の揺らぎ)性能を持つ高精度アナログ・デジタル(A/D)変換の全ての処理を光技術で実現しました。これにより、現在の電気的A/D変換の性能が飽和した後の、次世代技術確...

2015年4月22日
1兆分の1秒の超高速光現象を簡単に計測できる技術を実現

大阪大学大学院工学研究科の小西 毅 准教授らは、香港の企業であるAmonics社との協働により、超高速(1兆分の1秒)の超短光パルスの形を短時間で計測できる、簡単操作・ポータブル・メンテナンスフリーの計測装置を開発しました。 本技術により、微細加工や顕微鏡の性能等が大幅に向上し、例えば、太陽電池の...

Tag Cloud

back to top