宇山浩

2020年11月4日
質と価格で競争力を!海に還るバイオマスプラスチックの開発

大阪大学大学院工学研究科の宇山浩教授、徐于懿助教が代表幹事となり、2020年9月海洋生分解性バイオマスプラスチック(MBBP)の開発・社会普及を目指したプラットフォームを設立しました(図1) 。民間企業20社近くが参画し、産官学の強固な連携により海洋プラスチックごみの削減に貢献できるMBBPの実用化...

2020年3月5日
デンプンとセルロースから高強度・高耐水性の海洋生分解性プラスチックを開発

大阪大学大学院工学研究科の麻生隆彬准教授、宇山浩教授らの研究グループは日本食品化工㈱と共同で、海洋生分解性プラスチックをデンプン、セルロースといった身近なバイオマスの巧みな組合せで開発しました。デンプンにセルロースを独自技術により複合化すると、デンプンの耐水性が大幅に向上し、得られたシート複合材料は...

2018年8月31日
納豆由来の力で肌をいつまでも美しく健やかに

あなたは納豆は好きですか? 実は納豆のネバネバ成分に含まれる「γ(ガンマ)‐ポリグルタミン酸」という物質は、高分子物質で多様な性質を兼ね備えた魅力の成分なのです。その幅広い、驚くべき応用分野とは?...

2018年3月26日
環境にやさしいプラスチックが地球を救う

環境にやさしいプラスチックには、大きく分けて「生分解性プラスチック」と「バイオマスプラスチック」があります。それぞの特性や今後の課題は? より性能の高い製品の実用化をめざす、最新の研究を探ります。...

Tag Cloud

back to top