姜秀辰

2020年8月24日
新型コロナウイルス感染性肺炎の重症化抑制の仕組みを解明

世界中に蔓延する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とそれに起因する肺炎の重症化は人類の健康・福祉にとって克服すべき大きな課題です。コロナ性肺炎の重症化には炎症性サイトカインIL-6が関与しており、その機構を解明するのは重要と考えられます。 大阪大学免疫学フロンティア研究センター免疫機...

2018年5月19日
神経ガイダンス因子が、免疫と代謝をつなぐ

大阪大学大学院医学系研究科の熊ノ郷淳教授(呼吸器・免疫内科学)、免疫学フロンティア研究センターの姜秀辰寄附研究部門助教(免疫機能統御学/感染病態)らの研究グループは、神経に関わるとされてきたセマフォリン6Dが栄養・代謝シグナルを調節することで、組織の恒常性に大切なM2マクロファージの生成に関わってい...

Tag Cloud

back to top