多発性硬化症

2014年12月5日
多発性硬化症の悪化を抑える免疫細胞を同定

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの松本真典助教、馬場義裕准教授、黒崎知博教授らの研究グループは、抑制性サイトカインであるインターロイキン-10 (IL-10)がプラズマブラストと呼ばれるB細胞集団から分泌され、多発性硬化症の悪化を抑制することを解明しました。...

2014年12月1日
手軽に多発性硬化症を治療できる可能性も!

大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(神経内科学)の高田和城医員、中辻裕司准教授、望月秀樹教授らは、ソチなどがあるコーカサス地方に1000年以上前から伝わるケフィアという発酵食品に含まれている酵母カンジダ・ケフィールが、多発性硬化症や炎症性腸疾患の疾患モデル動物で症状改善に有効であることを見出...

Tag Cloud

back to top