地震

2018年10月17日
「いつ」ではなく「どのように」を探る地震予知【理学研究科・准教授・廣野 哲朗】

地震発生の予知は困難ですが、特定の断層で次に地震が発生するとしたら、どんな地殻変動が起こるのかは、ある程度わかります。岩盤や岩石の計測や実験による地殻変動の予測が、次の地震の防災・減災につながります。...

2018年6月22日
進化し続けているボランティア活動【人間科学研究科・教授・渥美 公秀】

ボランティアで何より大切なものは「心」です。では、「心」ってどこにあるのでしょうか? 阪神・淡路大震災や中越地震での救済活動を経て、ボランティア活動は変化してきました。どのように変わったのでしょうか?...

2018年3月7日
わずかな岩の亀裂が、巨大地震になる地底のメカニズム【理学研究科・准教授・廣野 哲朗】

東日本大震災のような巨大地震はどうやって起こったのでしょうか? 地震を物理的な動きとしてみるだけでは、真実は見えてきません。地盤の摩擦係数の問題や、化学反応で加速する地滑りについて説明します。...

2017年6月16日
プレート境界断層での温度不均質の原因を解明

大阪大学大学院理学研究科廣野哲朗准教授グループの同研究科博士前期課程の加藤尚希(現所属、(株)東芝)らが、日本地球掘削科学コンソーシアムの支援を受けて参画したアルパイン断層掘削プロジェクトでは、オーストラリアプレートと太平洋プレートの境界であるアルパイン断層における層面上の大きな温度不均質を明らかに...

2016年11月9日
非晶質微粒子が残存≒約千年以内に活動した断層!

大阪大学大学院理学研究科の廣野哲朗准教授らの研究グループは、活断層に含まれる非晶質微粒子に着目し、その溶解速度を解析した結果、「非晶質微粒子が残存している断層≒約1000年以内に活動した活断層」という活断層の活動性の新たな評価メソッドを提案しました。 本研究成果は、英国Nature Publi...

Tag Cloud

back to top