吉田浩之

2016年4月12日
“平面反射”なのに光が自由に“曲がる・広がる”?

大阪大学大学院工学研究科の吉田浩之助教、小橋淳二大学院生、尾崎雅則教授の研究グループは、棒状分子が自発的にらせん構造を形成するコレステリック液晶からの反射波面を自由に制御する技術を開発しました。これにより、これまで平面鏡のような機能しか持たなかったコレステリック液晶に、反射光の偏向機能やレンズ機能を...

2015年5月21日
液晶におけるトポロジカル欠陥の数と形の制御に成功

大阪大学大学院工学研究科電気電子情報工学専攻の吉田浩之助教、朝倉啓太氏(2014年度同大工学研究科博士前期課程修了)、尾崎雅則教授、および産業技術総合研究所機能化学研究部門動的機能材料グループの福田順一主任研究員は、ネマティック液晶薄膜におけるトポロジカル欠陥の数と形状を制御する技術を開発しました。...

Tag Cloud

back to top