可視化

2017年9月22日
高速MRIにより粉体層内部の運動をリアルタイムに見える化

大阪大学大学院工学研究科の辻拓也准教授、スイス連邦工科大学チューリッヒ校のChristoph Müller教授、Alexander Penn博士課程学生、チューリッヒ大学のKlaas Pruessmann教授らの研究グループは、MRIを高速化させることにより、通常観察が困難な粉体層内部の非定常な粒子...

2013年3月7日
コヒーレントX線の斬新な利用法を開発

大阪大学大学院工学研究科の高橋幸生准教授らの研究グループは、物質中の転位ひずみ場を可視化して、X線渦ビームを発生させるというコヒーレントX線の斬新な利用方法を開発しました。 転位とは結晶中に含まれる線状の結晶欠陥のことであり、転位の周りで局所的に結晶はひずんでいます。この転位ひずみ場は、物質の力学...

2013年3月4日
「高空間分解能」かつ「高感度」な革新的X線顕微法を開発

大阪大学大学院工学研究科の高橋幸生准教授らの研究グループは、高い感度と高い空間分解能を有するX線顕微法の開発に成功しました。X線が物体を通過するときの位相のずれ量を観測することで、吸収の小さな物体であっても可視化することが可能であり、これを位相コントラストイメージングと呼んでいます。今回、研究グルー...

2013年2月12日
生物内部を高速・高精細にイメージングが可能に

理化学研究所(野依良治理事長)と大阪大学(平野俊夫総長)は、生物個体や組織など、厚みがある試料内部の高速・高精細に蛍光イメージングを可能とする装置を開発しました。これは、理研発生・再生科学総合研究センター(理研CDB 竹市雅俊センター長)光学イメージング解析ユニットの清末優子ユニットリーダー、下澤東...

2013年1月17日
世界初 破骨細胞が骨を壊す様子のライブイメージングに成功

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの石井優教授らの研究グループは、特殊な顕微鏡を使って、生きたままで骨の内部を観察することに成功し、破骨細胞が実際に骨を壊していく様子を、リアルタイムで可視化することに世界で初めて成功しました。...

Tag Cloud

back to top