占部伸二

2015年11月5日
量子情報処理の研究へ大きく貢献!2個のフォノンの量子干渉観測に成功

大阪大学大学院基礎工学研究科の占部伸二名誉教授および豊田健二助教らの研究グループは、電荷を持つ粒子を空間的に閉じ込める装置:イオントラップ中の極低温状態の2個のカルシウムイオンを用いて、物質の振動を表す粒子:フォノン 2個の量子的な干渉を、意図したタイミングで観測することに成功しました。2個の粒子を...

2014年5月13日
極限的な量子状態制御を用いた新しい量子情報・基礎物理学実験に期待

大阪大学大学院基礎工学研究科の占部伸二教授らの研究グループは、イオントラップ中に極低温状態の3個のカルシウムイオンを三角形に配列させて、ミクロンサイズの量子回転子を作り、これを使ってトンネル粒子によるアハラノフ・ボーム効果を実証することに成功しました。量子回転子は、二つの安定な状態の間を量子力学的な...

Tag Cloud

back to top