分析化学

2020年4月17日
紫外線照射によりタンパク質のアミノ酸が変換されるメカニズムを解明

大阪大学大学院工学研究科の内山進教授、薬学研究科の大久保忠保教授、大学院生の宮原佑弥さん(薬学研究科博士後期課程)、奈良女子大学の中沢隆教授、パナソニック株式会社らの研究グループは、抗体医薬品に紫外線照射を行うことで、タンパク質を構成するアミノ酸の一種であるヒスチジンが構造変換されるメカニズムを明ら...

2018年9月10日
世界初!イメージング質量分析法により昆虫体内の農薬動態を可視化

大阪大学大学院工学研究科の新間秀一准教授らの研究グループは、マトリックス支援レーザー脱離イオン化イメージング質量分析法(MALDI-IMS)を用いて、ショウジョウバエ中のネオニコチノイド系農薬の一つであるイミダクロプリド分布を可視化することに世界で初めて成功しました。 これまで行動学的実験からネオ...

2015年12月2日
従来顕微鏡の約2倍の解像力を実現!

大阪大学大学院工学研究科の藤田克昌准教授、河田聡教授、同大学院薬学研究科の橋本均教授らの研究グループは、創薬からデバイス開発まで幅広い科学・産業分野で利用されているラマン散乱顕微鏡の解像力を、従来の約2倍向上させることに成功しました。ラマン散乱は非常に微弱な効果であるため、その解像力を向上することは...

2015年1月27日
超臨界流体技術を用いて試料の前処理操作と高速・高分離分析を全自動化した分析システムを開発

JST 先端計測分析技術・機器開発プログラムの一環として、大阪大学 大学院工学研究科の馬場 健史 准教授らの開発チームは、多成分の一斉分析を全自動かつ高速に行う世界初の画期的な分析システムを開発しました。 従来、食品や血液などの複雑で多くの成分を含む物質を分析する前には、分離や精製といった熟練を要...

Tag Cloud

back to top