分子血管学

2016年8月10日
中性脂肪蓄積心筋血管症の治療法を開発

平野賢一助教(大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学)らの研究グループは、同グループが2008年に見出した難病である「中性脂肪蓄積心筋血管症(TGCV)」の治療法を開発し、診断基準の公表、治験薬のアカデミア創薬、2つの医師主導治験を終えました。また現在、TGCVのグローバル臨床研究を開始し、この難病...

2016年7月8日
コレステロール、酸化ステロールなどの脂質の吸収メカニズムに関与する新規蛋白質TTC39Bの機能を解明!-動脈硬化と非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の両方に有効な革新的治療開発に期待-

阪大学大学院医学系研究科循環器内科学/保健センターの小関正博助教、米国コロンビア大Alan R. Tall教授らの研究グループは、蛋白質TTC39Bの機能を阻害すると、コレステロール・酸化ステロールの吸収・体内への蓄積が抑制されることを、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や動脈硬化症のマウスモデルを...

2015年5月5日
肺高血圧症の発症メカニズムを解明

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(循環器内科学)の中岡良和助教、片岡崇弘大学院生(博士課程4年)、坂田泰史教授らの研究グループは、難病の1つである肺高血圧症の新しい発症メカニズムを発見しました。近年の研究から肺高血圧症の発症には炎症が重要で、特に炎症を誘導するサイトカインの1つであるインターロイ...

2015年4月30日
血圧調節に重要な受容体が血管を傷つける仕組みを解明

大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学の山本浩一講師、楽木宏実教授らは、信州大学の沢村達也教授、垣野明美助教らと共同で、血圧調節に重要なホルモン:アンジオテンシンIIの受容体が体内で酸化された脂質(酸化LDL)によっても活性化されることを発見しました。  本研究は高血圧を促進する体内物質と脂質...

2014年7月29日
心臓の血管新生の新メカニズムを解明

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(循環器内科学)の中岡良和助教(JST・さきがけ研究者兼任)、有田陽大学院生、坂田泰史教授らの研究グループは、心臓の血管新生に関する新しいメカニズムを発見し、心臓の循環を支える冠動脈と冠静脈の形成は別の増殖因子で制御されることが初めて明らかになりました。 これま...

Tag Cloud

back to top