丸野孝浩

2018年6月1日
凝集したタンパク質を再生する分子機械ClpBの動的な構造変化の可視化に成功

ClpBはリング状の構造を持つタンパク質で、生命にとって有害な凝集タンパク質をほぐして再生する「脱凝集」機能を持ちます。ClpBは脱凝集の際、ATP(アデノシン3リン酸)のエネルギーを利用して、リング中央の孔にタンパク質を通すことで脱凝集すると考えられていましたが、その具体的な仕組みは分かっていませ...

Tag Cloud

back to top