中田慎一郎

2018年2月2日
遺伝子変異が発生しにくい新しいゲノム編集法を開発

大阪大学高等共創研究院・大学院医学系研究科の中田慎一郎教授(細胞応答制御学)らの研究グループは、従来法よりも遺伝子変異の発生率を大きく抑制することが可能な新しいゲノム編集法を開発しました。 CRISPR/Cas9システムは、遺伝子配列を効率よく書き換えるゲノム編集技術として注目を集め、遺伝子治療と...

2018年1月12日
DNA2本鎖が切断された場所に修復タンパク質が集まる仕組み

東京大学分子細胞生物学研究所(所長 白髭克彦)の深井周也准教授、大阪大学の中田慎一郎教授(高等共創研究院/大学院医学系研究科)らの研究グループは、DNA2本鎖の切断を修復するために必要なタンパク質RNF168が二つのユビキチン鎖認識ドメイン(UDM1およびUDM2)を介してユビキチン鎖を認識してDN...

Tag Cloud

back to top