七五三木聡

2018年11月14日
「意識」はいつ生まれるのか【医学系研究科・准教授・七五三木 聡】

見た物のイメージ「(視覚)意識」を脳内の神経活動によってつくるには、100ミリ秒(0.1秒)以上かかります。つまり、「見て」から「意識する」までに、時間差があるのです。それを証明する実験を紹介します。...

2017年1月11日
ノルアドレナリンにより視機能が向上する

大阪大学の水山遼大学院生(大学院生命機能研究科)と七五三木聡准教授(医学系研究科/生命機能研究科)らの研究チームは、自然な条件下での認知行動時に、脳内に分泌されるノルアドレナリンが、β受容体の活性化を介して明暗のわずかな差からモノを見分ける視機能(コントラスト感度)を高めていることを世界で初めて動物...

2014年4月9日
アルツハイマー病など、認知症の記憶障害のメカニズム解明に光

大阪大学大学院医学系研究科・生命機能研究科の相馬祥吾(日本学術振興会特別研究員)、末松尚史(日本学術振興会特別研究員)、七五三木聡(准教授)の研究チームは、認知症と脳内アセチルコリンの関係を明らかにするために、私たちが日頃行っている認知行動に似せた課題として、道具操作や課題の手続きの記憶を必要とする...

Tag Cloud

back to top