マンガンポルフィセン

2017年12月15日
安定なC–H結合を室温で水酸化できる人工酵素の活性メカニズムを解明

大阪大学大学院工研究科の大洞光司助教および林高史教授らの研究グループは、兵庫県立大学大学院生命理学研究科 城宜嗣教授および理化学研究所放射光科学総合研究センター 杉本宏専任研究員と共同で、安定なC–H結合を触媒的にC-OH結合に変換するマンガンポルフィセンとミオグロビンを複合化した人工酵素の反応活性...

Tag Cloud

back to top