ホルモンと生理活性物質

2016年10月3日
インスリン分泌を阻害しているタンパク質の機能を発見

國井政孝助教、原田彰宏教授(大阪大学大学院医学系研究科細胞生物学・群馬大学生体調節研究所)、根本知己教授(北海道大学電子科学研究所)らの研究グループは、マウス生体内において、ホルモンの放出を調節するタンパク質SNAP23が、膵臓ランゲルハンス島のベータ細胞からのインスリン分泌を阻害していることを明ら...

2015年2月24日
心臓ホルモンによるがん転移予防効果のメカニズムの解明、並びに多施設臨床研究開始のお知らせ

国立循環器病研究センター(大阪府吹田市、理事長:橋本信夫、略称:国循)研究所の野尻崇(生化学部ペプチド創薬研究室長)、細田洋司(組織再生研究室長)、徳留健(情報伝達研究室長)、寒川賢治(研究所長)らの研究グループは、大阪大学大学院医学系研究科呼吸器外科奥村明之進教授らとの共同研究で、心臓から分泌され...

Tag Cloud

back to top