ビッグデータ分析・活用

2019年11月8日
腸内微生物叢の全ゲノム解析により関節リウマチ患者の腸内細菌の特徴が明らかに

大阪大学 大学院医学系研究科 大学院生の岸川敏博さん(博士課程)、岡田随象 教授(遺伝統計学)らの研究グループは、日本人集団の関節リウマチ患者と健常者の腸内微生物叢が持つゲノム情報(メタゲノム)から、菌種や遺伝子、パスウェイなどの情報を網羅的に解析するメタゲノムワイド関連解析を実施しました。その結果...

2018年11月8日
疾患ゲノム情報と組織特異的マイクロRNA発現情報の統合により、関節リウマチのバイオマーカーを同定

大阪大学大学院医学系研究科の岡田随象教授(遺伝統計学)らの研究グループは、大規模ゲノムワイド関連解析手法と、FANTOM5コンソーシアムが構築したマイクロRNA組織特異的発現カタログデータを統合するインシリコ・スクリーニング手法を開発し、マイクロRNAが組織特異的に作用することで数多くのヒト疾患の発...

2016年11月11日
高性能コンピュータをクラウドで柔軟に提供可能に!

大阪大学サイバーメディアセンター招へい教授吉川隆士らの研究グループは、高性能コンピュータをクラウドで柔軟に提供可能にする世界初のシステムを開発しました。これまでの、高性能コンピュータのクラウド提供は、専用のサーバ機を用いて、固定された構成で提供していたため、高コストで利用効率のよくないものでした。本...

Tag Cloud

back to top