バイオバンク

2020年3月24日
70万人のゲノムによるリスク予測で、高血圧・肥満が現代人の寿命を最も縮めていることを特定

大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学教室 坂上沙央里大学院生(東京大学大学院医学系研究科 博士課程)、金井仁弘特別研究生(ハーバード大学医学部 博士課程)、岡田随象教授らの研究グループは、日本・イギリス・フィンランドの大規模バイオバンクが保有する合計70万人のゲノム情報・バイオマーカー・寿命情報を解...

2020年3月6日
独自のゲノムをもつミトコンドリアの日本人集団における特徴を明らかに

一般的によく知られている核ゲノムとは異なり、ミトコンドリアは独自のゲノム(ミトコンドリアゲノム)を持っています。大阪大学大学院医学系研究科の山本賢一大学院生(博士課程)、岡田随象教授(遺伝統計学)らの研究グループは、バイオバンク・ジャパンにより収集された日本人集団2,000人の全ゲノム情報を用いてミ...

2020年1月20日
日本人と欧米人の適応進化に関わる遺伝子領域や形質を特定

大阪大学大学院医学系研究科の岡田随象教授(遺伝統計学)らの研究グループは、バイオバンク・ジャパンにより収集された日本人集団17万人を対象とした大規模ヒトゲノム情報解析により、日本人集団の適応進化に関わる29の遺伝子領域を同定しました。また、UKバイオバンクにより収集されたデータの解析により、日本人集...

Tag Cloud

back to top