システム生理・フィジオーム

2015年5月8日
恒温動物が外気の温度変化に対応する仕組みの一端を解明

大阪大学微生物病研究所の高倉伸幸教授、木戸屋浩康助教らの研究グループは、動脈血管と静脈血管から構成される血管パターニングの新たな制御機構を明らかにしました。生体内をめぐる血管には動脈、静脈があり、恒温動物ではこれらの血管は並走していますが、どのような仕組みで並走し、そして並走することがどういう意義が...

Tag Cloud

back to top