うつ病

2016年11月15日
家族支援アプリでうつ病の症状改善を目指す

大阪大学保健センターの工藤喬教授および日本電信電話株式会社コミュニケーション科学基礎研究所山下直美主任研究員らの研究グループは、うつ病患者の家族介護者への支援Webアプリ「みまもメイト」を開発しました。このアプリの特徴は、(1)家族介護者が、患者の言動・健康状態と介護活動を日々、客観的に記録できる、...

2016年5月30日
精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究を開始

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、杏林大学医学部の渡邊衡一郎教授、東京女子医科大学医学部の 稲田 健講師らのグループは、全国の20の精神科医療施設が参加する「精神科医療の普及と教育に対するガイドラインの効果に関する研究:Effectiveness of GUIdeline for ...

2014年11月18日
運動がうつ病予防・改善に役立つメカニズムを解明

大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(神経細胞生物学)近藤誠助教、島田昌一教授は、セロトニン3受容体が、運動のもたらす抗うつ効果や海馬の神経細胞の新生に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。 運動は、脳の神経細胞や動物の情動・記憶に多くの有益な効果があることが知られていましたが、なぜ運動...

Tag Cloud

back to top