« »
日付で探す
研究組織で探す
工学系
2019年9月25日

輸入に頼っていた高価な重水素を安価な原料から製造

触媒により重水素D2とHDを選択的に合成できる新技術

大阪大学大学院工学研究科の森浩亮准教授、山下弘巳教授らの研究グループは、独自に開発した触媒を用いて、安価なギ酸(HCOOH)と重水(D2O)を原料とし、高価な重水素(D2およびHD)を選択的に作り分けて製造することに成功しました。 重水素は水素(H2)の同位体化合物であり、化学・生物学の...

2019年9月25日

ミトコンドリア膜中での呼吸酵素の活性化の仕組みの解明

細胞小器官であるミトコンドリアの膜にある呼吸鎖の末端酸化酵素であるシトクロム酸化酵素は、酸素を水に変換し、生物の主要エネルギー、ATPの産生に関わっています。兵庫県立大学、大阪大学の共同研究グループは、シトクロム酸化酵素が活性化されるしくみを分子構造に基づいて明らかにしました。この酵素の2量体構造は...

生命科学・医学系
2019年9月24日

国際宇宙ステーション・「きぼう」でのマウス飼育により宇宙滞在が精子受精能力に及ぼす影響を解析

将来人類が宇宙へ活動領域を広げるにあたっての基礎的な知見の蓄積に

大阪大学微生物病研究所の大学院生の松村貴史さん(当時:大阪大学薬学研究科博士後期課程/現在:横浜市立大学日本学術振興会特別研究員)、野田大地助教、伊川正人教授らの研究グループは、筑波大学の高橋智教授ら、宇宙航空研究開発機構(JAXA)との共同研究により、宇宙に滞在したマウスの精子が正常な受精能...

自然科学系
2019年9月19日

医薬品などの生産に欠かせない化学反応制御のための新方法論。 生体にそなわる抗体の仕組みをいかした人工金属酵素で、立体選択的な炭素-炭素結合形成反応に成功

大阪大学大学院理学研究科の安達琢真大学院生博士後期課程(研究当時)、山口浩靖教授、大阪大学産業科学研究所の原田明特任教授(常勤)の研究グループは、モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によって炭素-炭素結合を形成することに初めて成功しました。モノクローナル抗体に遷移金属錯体を導入した人工金属酵素を用...

生命科学・医学系
2019年9月18日

前立腺がんの再発・転移を高精度で検出する最先端画像診断 阪大病院で臨床研究を開始

大阪大学医学部附属病院(以下、阪大病院)は、本年9月より前立腺がんの高精度画像診断であるF-18PSMA-1007 PET 臨床研究 を国内で初めて開始しました。9月3日に初回のPSMA-PET検査が問題なく実施され、CTや骨シンチといった従来の画像診断では同定できなかった再発・転移巣が検出できる...

生命科学・医学系
2019年9月13日

多剤耐性化を引き起こす薬剤排出ポンプの進化を解明!

新規抗菌薬の開発へのカギ

大阪大学産業科学研究所のMartijn Zwama(マータイン ズワーマー)特任助教(常勤)、西野邦彦教授らの研究グループは、細菌の多剤耐化に関与するRND型多剤排出ポンの進化的解を行い、インフルエンザがなぜβ-ラクタム系抗菌に感受性を示すのかを明らかにしました。また、インフルエンザ菌に存在する薬剤...

自然科学系
2019年9月13日

基板を曲げたり引っ張ったりするだけで素子内の熱流方向を変えることに成功

大阪大学産業科学研究所の千葉大地教授(研究開始当時:東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻・准教授)は、東京大学大学院工学系研究科博士課程3年(兼 大阪大学産業科学研究所特別研究学生)の太田進也氏、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)の内田健一グループリーダー、豊田工業大学の粟野博之教授ら...

2019年9月12日

銅に色素を塗るだけでスピン変換機能を発現

東京大学物性研究所の一色弘成助教、三輪真嗣准教授(大阪大学大学院基礎工学研究科 招へい准教授兼任)、大谷義近教授(理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダーを兼任)、理化学研究所の近藤浩太上級研究員らの研究グループは、東京大学大学院工学系研究科、同大学院新領域創成科学研究科、大阪大学および金...

生命科学・医学系
2019年9月10日

わずか 3 分、目の動きの解析で認知機能を評価

認知症の早期診断に向けた新技術

大阪大学大学院医学系研究科の大山茜医師、武田朱公寄附講座准教授、森下竜一寄附講座教授(臨床遺伝子治療学)らの研究グループは、目の動きを解析することで簡単に認知機能を評価する新技術を開発しました。 認知機能評価は認知症の診断を行う上で重要な要素ですが、従来使用されてきた認知機能検査法は医師との対...

2019年9月5日

世界初!ファッションによる体型錯視効果を定量測定

服装による着やせ錯視、脚長錯視などを科学的に定量化する新技術.ファッションの評価、開発に科学の目を導入

大阪大学大学院人間科学研究科の森川和則教授らの研究グループは、服装による体型の見た目の変化量(着やせ錯視効果、脚長錯視効果など)を科学的・定量的に測定する方法を世界で初めて開発しました。 これまで体型の見た目を良くする服装コーディネートには客観性・科学性がほとんどなく、スタイリストの主観的な経験則...

« »

Tag Cloud

back to top