»
日付で探す
研究組織で探す
自然科学系
2020年11月26日

水をきれいに!ナノサイズ海苔様シート吸着材を開発

重金属・放射性物質除去材への応用に期待

大阪大学産業科学研究所の後藤知代助教、大学院生の近藤吉史さん(当時、工学研究科博士前期課程)、関野徹教授らの研究グループは、ユニークな海苔様シート構造をもつ層状チタン酸ナトリウムの合成に成功しました。 多層構造をもつ層状チタン酸ナトリウムは、水中に存在する多様な重金属や放射性物質を内部に取り込...

生命科学・医学系
2020年11月19日

新説を実証!ヒトはどのように姿勢を安定化させるのか?

若年・高齢健常者及びパーキンソン病患者での姿勢制御メカニズムの違いを明らかに。

大阪大学大学院基礎工学研究科の鈴木康之講師、野村泰伸教授らの研究グループは、若年・高齢健常者およびパーキンソン病患者を含む数百人から計測した静止立位姿勢動揺データの個々に対してデータ同化解析を行い、各個人の姿勢変動を統計的に最もよく再現する姿勢制御モデルを同定しました。その結果、健常者の立位姿勢はス...

2020年11月18日

新型コロナウイルス中和タンパク製剤の開発について

現在世界中で問題となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対して有効な治療法はまだ確立されておらず、早急な治療薬やワクチンの開発が求められています。 京都府立医科大学循環器内科学星野温助教、大阪大学蛋白質研究所高木淳一教授、微生物病研究所岡本徹教授らの研究グループは新型コロナウ...

工学系
2020年11月18日

生きた細胞中の低分子薬剤を可視化

薬剤の取り込みをリアルタイムに観察可能に

大阪大学大学院工学研究科の大学院生の小池康太さん(博士後期課程)、畔堂一樹特任助教(常勤)、藤田克昌教授らの研究グループは、同大学免疫学フロンティア研究センターのスミスニコラス准教授、理化学研究所の闐闐孝介専任研究員、袖岡幹子主任研究員らのグループとともに、ラマン散乱※1 の一種である表面増強ラマン...

2020年11月17日

ハイブリッド触媒 ヒトコロナウイルスを99.9%不活化

株式会社サンワード商会(本社:大阪市中央区、代表取締役 西尾幸也)と大阪大学産業科学研究所関野研究室(先端ハード材 料研究分野)は、共同研究中の多機能型触媒【ハイブリッド触媒※】 のヒトコロナウイルスを用いた感染阻害試験を実施した結果、ウ イルスの99.9%が不活化することを確認しましたので、お知 ...

自然科学系
2020年11月16日

植物の甘味成分グリチルリチンの酵母生産に成功

最後の1ピースの酵素遺伝子の発見、植物バイオテクノロジーで大豆の育種にも貢献

大阪大学大学院工学研究科の村中俊哉教授(理化学研究所客員主管研究員兼任)、關光准教授(理化学研究所客員研究員兼任)、Soo Yeon Chung博士課程学生(日本学術振興会特別研究員)らの研究グループは、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構(次世代作物開発研究センターと生物機能利用研究部門...

工学系
2020年11月13日

太陽光と水と酸素でH2O2を製造する!

酸性水溶液で合成する高活性光触媒樹脂

大阪大学太陽エネルギー化学研究センターの白石康浩准教授、平井隆之教授らの研究グループは、太陽光照射下、水とO2を原料として非常に高いH2O2生成活性を示す、レゾルシノール-ホルムアルデヒド(RF)光触媒樹脂を合成しました。 H2O2は漂白剤や消毒剤として重要な化学物質であるほか、燃料電池発電の...

2020年11月11日

核酸二重らせん構造に糖骨格は必要か?

人工核酸の安定化の仕組みを解明

名古屋大学大学院工学研究科の浅沼浩之教授、神谷由紀子准教授らの研究グループは、名古屋市立大学大学院薬学研究科の佐藤匡史准教授、自然科学研究機構生命創成探究センターの加藤晃一教授(分子科学研究所/名古屋市立大学兼任)、大阪大学大学院工学研究科の内山進教授(生命創成探究センター兼任)との共同研究により、...

生命科学・医学系
2020年11月11日

精子形成における遺伝子制御の謎を解明

ショウジョウバエが教えてくれる精子のヒミツ

大阪大学大学院生命機能研究科の井木太一郎助教と甲斐歳恵教授らの研究グループは、ショウジョウバエをモデルにした研究において、多くの生物が保持しているCyclophilin40「Cyp40」※1 というタンパク質が精子をつくるために不可欠な因子であり、microRNA「miRNA」※2 という短いRNA...

生命科学・医学系
2020年11月11日

ウイルス感染時の応答を制御する ミトコンドリアの新しい機能を発見

細胞内のエネルギー状態を検知して、抗ウイルス応答の強さを調節

大阪大学大学院理学研究科生物科学専攻の花田有希特任研究員(筆頭著者)・石原直忠教授(責任著者)(元久留米大学分子生命研究所教授)、久留米大学医学部の野村政壽教授らの研究グループは、RNAウイルスへの応答に関わるMAVSタンパク質の新しい制御機構を発見しました。 細胞内の構造体であるミトコンドリ...

»

Tag Cloud

back to top