日付で探す
研究組織で探す
生命科学・医学系
2019年1月15日

膵がんの診断と治療を行う抗体の作製に成功

抗体医薬品のためのコンパニオン診断薬の開発

大阪大学大学院医学系研究科の菊池章教授(分子病態生化学)らの研究グループは、膵がんにおいて高発現する細胞膜タンパク質CKAP4に対する抗腫瘍活性のある抗CKAP4モノクローナル抗体の作製に成功しました。また、CKAP4が細胞外に分泌されるエクソソーム上に発現することを見出し、抗CKAP4モノクローナ...

生命科学・医学系
2019年1月11日

血管の防御機構を解明

腫瘍に対する新たな治療法の開発につながる研究成果

大阪大学微生物病研究所の内藤尚道(ないとうひさみち)助教、高倉伸幸(たかくらのぶゆき)教授らの研究グループは、血管の内腔を覆う血管内皮細胞が、腸内細菌や炎症によって分泌が誘導される炎症性サイトカインから自分自身を守り、「細胞死」を防ぐ仕組みを明らかにしました。 これまで、血管内皮細胞に自分自身を積...

Tag Cloud

back to top