日付で探す
研究組織で探す
2014年12月24日

統合失調症の認知機能に関与する遺伝子ネットワークを同定

統合失調症の原因解明や薬剤の開発に期待

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、大井一高研究員らは、統合失調症患者で特徴的に障害される知能、記憶、注意、実行機能など複数の認知機能に関わる遺伝子解析を行い、NMDA受容体を介したグルタミン酸機能や主要組織適合遺伝子複合体(MHC)を介した免疫機能に関わる遺伝子ネットワークが疾患の...

2014年11月7日

統合失調症を判別する眼球運動特徴の発見

統合失調症の客観的補助診断法の開発に期待

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授、京都大学大学院医学研究科の三浦健一郎助教のグループは、統合失調症患者の眼球運動特徴を研究し、複数の眼球運動特徴の組み合わせにより算出したスコアを用いると、統合失調症患者と健常者を88%以上判別できることを新たに見出しました。この発見は、統合失調症に...

2014年8月22日

学習能力の発達を調節するタンパク質を発見!

成長期でのはたらきが、おとなの脳機能を左右する

大阪大学大学院 連合小児発達学研究科の橋本亮太准教授らのチームは「αキメリン」というタンパク質に注目し、このタンパク質が脳の機能にどのような影響を与えているかを調べました。αキメリンにはα1型(α1キメリン)とα2型(α2キメリン)がありますが、それらの遺伝子をさまざまに改変したマウスを作り、行動実...

2014年5月20日

脳梗塞の悪化を防ぐ新しいメカニズムを発見

脳梗塞治療に新たな可能性! 新規の治療薬開発に期待

大阪大学大学院医学系研究科の森下竜一寄附講座教授、同連合小児発達学研究科の中神啓徳寄附講座教授、島村宗尚寄附講座准教授の研究グループは、脳梗塞の悪化を制御する新たなメカニズムを発見しました。脳梗塞の既存の治療法として、血栓を溶解する治療法(t-PA)や脳梗塞後に生じる活性酸素の作用を抑制する治療薬(...

2014年3月28日

アカデミア発創薬開発に大きな前進!難治性皮膚潰瘍治療薬開発を目指した新規ペプチドの最適化

早期・探索的臨床試験拠点での医師主導治験に向けた取り組み

大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学寄附講座の森下竜一寄附講座教授、冨岡英樹(博士課程3年)、同連合小児発達学研究科の中神啓徳寄附講座教授、同医学系研究科金田安史教授らの研究グループは、アンジェスMG(株)との共同研究で難治性皮膚潰瘍治療薬の開発を目指し、創傷治療効果に加えて抗菌活性を併せ持つ...

2014年3月18日

糖尿病の新しい治療法開発に光

DPP-4を標的としたワクチンを設計 マウスで治療効果を確認

大阪大学大学院連合小児発達学研究科の中神啓徳寄附講座教授(健康発達医学)、同医学系研究科の森下竜一寄附講座教授(臨床遺伝子治療学)、楽木宏実教授(老年・腎臓内科)らの研究グループは、糖尿病に対しての新規治療法としてDPP-4 (Dipeptidyl Peptidase-4)を標的とした治療ワクチンの...

Tag Cloud

back to top