日付で探す
研究組織で探す
2019年7月23日

可視化の「道具」を化学でデザイン

工学研究科・教授・菊地 和也

化学と生物学が融合した研究領域「ケミカルバイオロジー」。世界的に注目され、日本においても急速に進展している。菊地和也教授は、「生きた状態で細胞や分子の機能を可視化する化学プローブ(ある物質を検出するための物質)研究」に取り組み、病気の原因解明や、新しい治療法の研究に役立つ化学物質のデザイン・合成に成...

2019年7月2日

「海の国」の造船・海運を強度解析で支える〜船舶の安全性向上を目指して〜

工学研究科・助教・辰巳 晃

海に囲まれた日本。国別の保有船量はギリシャに次いで世界2位、日本の貿易に占める海上貨物の割合(重量ベース)は99%を超える。コンテナ船はより大型に、そして高速化してきた。一方で、ひとたび事故が起こると甚大な経済的損失、環境汚染につながる。辰巳晃助教が取り組むのは、船舶の安全性を保証する「強度解析」の...

2019年5月29日

性決定研究のブレークスルー! 〜光るミジンコを作製し、環境で性が決まる仕組みを解明〜

工学研究科・助教・加藤 泰彦

大阪大学大学院 工学研究科 生命環境システム工学領域の加藤泰彦助教らは、オオミジンコ(甲殻類)を使用して、これまで明らかにされていなかった「環境による性決定の仕組み」を解明した。ヒトのように性染色体で性が決まる仕組みは研究が進んでいるが、自然界で広く見られる「もうひとつの性決定の仕組み」が明らかにな...

Tag Cloud

back to top