2018年11月30日

冤罪防止をめざす取り調べの可視化で裁判はどうなる

法学部 法学科
松田 岳士 教授

●犯罪発生後の一連の手続を規定する刑事訴訟法
●取り調べの可視化が制度化
●運用の仕方次第で公正な裁判が損なわれる

詳細はコチラ(「夢ナビ」にリンクします)

 

この組織の他の研究を見る

Tag Cloud

back to top