2018年8月22日

心臓からエネルギー産生の仕組みを探る~ATP研究最前線

医学部 医化学講座
高島 成二 教授

心臓細胞は心臓を動かすために、1日になんと体重と同じくらいのエネルギー源、ATP(アデノシン三リン酸)を産生、消費しています。
狭心症や心筋梗塞などの薬剤開発にもつながる、ATP研究の最前線に迫ります。
詳細はコチラ(「夢ナビ」にリンクします)
Pg006815

この組織の他の研究を見る

Tag Cloud

back to top