2018年11月12日

DDS(ドラッグ・デリバリー・システム)

薬学部
中川 晋作 教授

副作用が大きい薬でも、治療のためには使わなくてはなりません。
患者さんの辛さを軽減する方法として、注目されているのが「DDS」。
必要な量の薬を体内の必要とする場所に届けるシステムです。
その仕組みとは?
詳細はコチラ(「夢ナビ」にリンクします) ※「夢ナビTALK」(講義動画)も視聴できます。
Pg003373

この組織の他の研究を見る

Tag Cloud

back to top