2018年7月20日

「表面」をつくる、精密科学が生んだ世界最小のX線ビーム

工学部 応用自然科学科
山内 和人 教授

物質の表面の原子をコントロールして平らな表面をつくる研究が進んでいます。
その精度は東京-大阪間約500kmを段差5mm以下の平地にするのに匹敵。
超高精度で極小の世界を解明する技術の可能性に迫ります。
詳細はコチラ(「夢ナビ」にリンクします)
Pg003370

この組織の他の研究を見る

Tag Cloud

back to top