医学系研究科

世界が注目する、 医療最前線の研究拠点。

医学・医科学専攻では、自立した研究活動の基礎となる豊かな学識と高度な研究能力を養成。産学交流の絆も深く、 先端的な研究を社会へ還元することも重要な任務です。保健学専攻では、柔軟な思考力と高度な博識をもち、 21世紀における看護・医療技術科学の発展をリードする研究者の育成を目指しています。

»

医学系研究科の研究リリース一覧

2020年2月25日
社会の思考を深め、科学・医療を前に進める。

ES細胞(胚性幹細胞)やiPS細胞(人工多能性幹細胞)などから作成した組織や臓器を患者に移植し、損なわれた機能の回復を図るのが「再生医療」の狙いだ。生命科学の進歩が扉を開いた「夢の医学」だが、将来はヒトの精子や卵子をつくることも可能になるかもしれない。また近年では遺伝子をピンポイントで改変できる「ゲ...

2020年2月25日
「再生誘導」とは?皮膚の難病研究から明らかになった 「再生」のメカニズム

生まれつき皮膚がはがれやすく、やけどを負ったような水ぶくれや、ただれが全身に広がる「表皮水疱症」という遺伝性の難病がある。赤ん坊のころから繰り返し皮膚がはがれ、手足の指が癒着してしまうなどのつらい病気だが、有効な治療法はない。 大阪大学医学系研究科の玉井克人寄附講座教授(再生誘導医学寄附講座。以降...

2020年2月25日
患者の視力を取り戻せ。角膜上皮細胞シート移植、そして眼球の再現へ。

ⅰPS細胞(人工多能性幹細胞)で角膜上皮細胞シートを作り、角膜に疾患のある患者さんへの移植を世界で初めて行った西田幸二教授。これまでに、ⅰPS細胞を使い眼を構成するそれぞれの細胞の発生を二次元で再現することにも世界で初めて成功している。さらに血管内皮幹細胞の発見など、数々の世界的な成果を挙げているが...

2020年2月25日
iPS細胞は手段のひとつ。患者を救うため医療の限界を超えていく。

薬も効かない重症の心不全の患者さんを助ける方法に人工心臓や心臓移植などがある。しかし人工心臓は長く装着していると血栓ができるなどの問題があり、現在は心臓移植を待つ間の「つなぎ」という位置付けだ。ではその心臓移植はといえば、ドナー(提供者)が圧倒的に足りないという現状がある。心不全は日本人の死因の第2...

2020年2月25日
「再生の医学」~“志”のスペシャリテ 6選~

2020年2月15日
ハンチントン病の根本的治療へ道ひらける

大阪大学大学院医学系研究科の中森雅之特任講師(常勤)、望月秀樹教授(神経内科学)、産業科学研究所の中谷和彦教授らの研究グループは、根本的治療法のない神経難病であるハンチントン病の遺伝子異常を是正する低分子化合物を発見しました。ハンチントン病は、遺伝子上のCAG3塩基の繰り返し配列(リピート)が異常に...

2020年2月12日
僧帽弁閉鎖不全症に対する新しいカテーテル治療

大阪大学 大学院医学系研究科の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのグループは、これまで重症心不全患者に対する筋芽細胞シート移植やiPS細胞を用いた再生医療など、多岐にわたる重症心不全治療の開発を進めてきました。また、一方で低侵襲心臓手術の推進にも積極的に取り組み、2009年に経カテーテル的大動脈弁置換術を...

2020年1月30日
日本人の食習慣に関連する遺伝的特徴を解明

理化学研究所(理研)生命医科学研究センターゲノム解析応用研究チームの岡田随象客員主管研究員(大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学教授)、鎌谷洋一郎客員主管研究員(東京大学大学院新領域創成科学研究科教授)、的場奈々客員研究員、東京大学大学院新領域創成科学研究科の松田浩一連携教授(東京大学医科学研究所連...

2020年1月27日
iPS細胞から作製した心筋細胞シートの医師主導治験の実施

大阪大学大学院医学系研究科の澤芳樹教授(心臓血管外科)らの研究グループは、日本医療研究開発機構(AMED)の支援のもと、iPS細胞から作製した心筋細胞による心筋再生治療の開発を進めてきました。これまで、澤教授らの研究グループは、虚血性心筋症で心臓の機能が低下したブタにiPS細胞から作った心筋細胞をシ...

2020年1月24日
新たな遺伝子ネットワーク解析によりアルツハイマー病関連遺伝子を発見

大阪大学大学院医学系研究科の菊地正隆特任講師(常勤)、中谷明弘特任教授(常勤)(ゲノム情報学共同研究講座)らの研究グループは、国立長寿医療研究センター関谷倫子室長、飯島浩一部長と新潟大学脳研究所原範和特任助教、池内健教授とともに、アルツハイマー病患者の死後脳から異なる3つの脳部位(嗅内皮質、前頭皮質...

»

医学系研究科の研究 tag cloud

これらの研究に携わるには

Tag Cloud

back to top