高等司法研究科

企業や国際社会に求められる、新時代の法律家を目指す。

政治および経済のグローバル化により、企業や国際社会にとって法律家は不可欠な存在となっています。 こうしたニーズに応えて生まれたのが本研究科です。確かな法律知識と実務能力はもちろん、 国際的な視野、さらに先を読むセンスを持った人材輩出を目標とし、少人数制・対話型のリアルな講義を行っています。

高等司法研究科の研究リリース一覧

2018年6月12日
「お金」を憲法学で考える。〜法の視点で世の中の動きのルールを探る 〜

憲法には、「権力(政府)について」と「権利(個人)について」を定める二つの側面がある。お金はその両方にとって欠くことができないものだ。実は憲法のなかに「通貨」「貨幣」という言葉はない。片桐直人准教授は、これまでの憲法学ではほとんど正面から議論されてこなかった「谷間の制度=お金」をめぐる法的、制度的な...

2013年2月8日
大阪大学に『智適塾』開設!

大阪大学は、知的財産センターが主体となり、中之島センターに、大学と社会の法曹界のリエゾンオフィスとなる「智適塾」を平成25年4月に開設します。 この智適塾は、企業の海外進出の加速、業界の枠を超える動きなどに伴う知的財産の戦略的活用、紛争の増加に対応できる弁護士・弁理士を求める社会的ニーズに応えるた...

Tag Cloud

back to top