法学研究科

法学・政治学研究をリードする。

本研究科では社会の状況・ニーズおよび国際的視点をつねに踏まえ、実務的かつ独創的な研究を行っています。 特に情報公開法・個人情報保護法・知的財産法等の研究においては国内最高レベルの水準を誇り、 産業界・法曹界・地域と連携し、私たちの社会に実質的に役立つ知的ストックの還元を目標としています。

法学研究科の研究リリース一覧

2014年12月1日
2014年 砂原庸介 法学研究科 准教授

経験を糧に研究領域を開拓 地方自治の本質に迫る ...

2012年5月24日
市民参加・協働条例の整備は3割にとどまる実態が判明

 大阪大学大学院法学研究科大久保規子教授が主催するグリーンアクセスプロジェクトでは、東日本大震災により、市民参加・協働の重要性が再認識される中、全国の自治体を対象に「市民参加・協働条例に関するアンケート」および「環境条例に関するアンケート」を行い、地域に根ざした市民参加・協働の仕組みの現状と課題につ...

法学研究科の研究 tag cloud

これらの研究に携わるには

Tag Cloud

back to top