法学研究科

法学・政治学研究をリードする。

本研究科では社会の状況・ニーズおよび国際的視点をつねに踏まえ、実務的かつ独創的な研究を行っています。 特に情報公開法・個人情報保護法・知的財産法等の研究においては国内最高レベルの水準を誇り、 産業界・法曹界・地域と連携し、私たちの社会に実質的に役立つ知的ストックの還元を目標としています。

法学研究科の研究リリース一覧

2019年2月27日
選挙制度改革から四半世紀 平成の政党政治を総括する。

1994年の選挙制度改革を経て、日本政治は首相や党首の影響力が強化された形に変化したとされます。ただ、制度改革がその目的を果たしているのかどうか、制度改革の効果やその程度については見解が分かれています。 大阪大学大学院法学研究科の濱本真輔准教授は、選挙制度改革前後の時期(最大で1979‐2015年...

2018年12月3日
新しい捜査手法GPS捜査の運用ルールは?

●最高裁が下したGPS捜査判断 ●憲法解釈にまでさかのぼる ●ルールの新しい意味や説明を「発見」する...

2018年11月30日
冤罪防止をめざす取り調べの可視化で裁判はどうなる

●犯罪発生後の一連の手続を規定する刑事訴訟法 ●取り調べの可視化が制度化 ●運用の仕方次第で公正な裁判が損なわれる...

2018年8月28日
善意の法や制度が生む弊害を解きほぐす〜行政は暮らしをどう支えるべきか〜

北村亘教授の専門は行政学。中央政府と地方自治体の関係を研究するとともに、多様なデータに基づき、公務員の行動原理や大都市の制度的問題などの分析を手掛けている。...

2018年8月3日
リーダーシップを育む「創造的な法学」とは

法学の役割は世の中の争いを速やかに解決することと、社会の秩序を作ることです。「将来こんな問題が起こるかも」と想像力を働かせながら、未来を見据えて法律をつくる「創造的な法学」の重要性について解説します。...

2018年8月2日
知財と法の「これから」を考える〜バランスのとれた法や制度をめざして〜

青木大也准教授は意匠法、著作権法をはじめとした知的財産法の専門家。VR(バーチャルリアリティ)空間のデザインやパロディ表現など、知的財産の保護と活用をめぐって幅広く研究している。また、学部・大学院学生らのほか、社会人や中高生に対する講義を通じて知的財産に対する関心を喚起している。...

2014年12月1日
経験を糧に研究領域を開拓 地方自治の本質に迫る

経験を糧に研究領域を開拓 地方自治の本質に迫る ...

2012年5月24日
市民参加・協働条例の整備は3割にとどまる実態が判明

 大阪大学大学院法学研究科大久保規子教授が主催するグリーンアクセスプロジェクトでは、東日本大震災により、市民参加・協働の重要性が再認識される中、全国の自治体を対象に「市民参加・協働条例に関するアンケート」および「環境条例に関するアンケート」を行い、地域に根ざした市民参加・協働の仕組みの現状と課題につ...

Tag Cloud

back to top