産業科学研究所

産業に生かす―出口を見据えた基礎研究の推進―

材料・情報・生体を三本柱に、社会の要請に応える新しい科学の創出を目指す総合理工型研究所。 ナノテクノロジー研究の先導役としてネットワーク型「物質・デバイス」共同研究拠点を形成し、ナノサイエンス、ライフサイエンス分野を牽引します。

»

産業科学研究所の研究リリース一覧

2018年4月26日
神経活動の抑制を鋭敏に捉える新規カルシウムセンサーの開発

脳の神経回路では、主に「興奮」と「抑制」の2種類のシナプス伝達を組み合わせて情報を処理しています。この情報処理を担う神経細胞の活動は、遺伝子にコードされたカルシウムセンサー(GECI)を使って細胞内のカルシウムイオンの濃度変化(興奮状態で濃度が高くなる)により観察することができます。しかし、これまで...

2018年4月26日
植物の画像から、葉に隠れた見えない構造を再現

大阪大学産業科学研究所の大倉史生助教らの研究グループは、画像解析および人工知能技術を応用し、植物を複数方向から撮影した画像から、葉などに隠れた部分も含む植物の枝構造を正確に再現することに世界で初めて成功しました。 果樹など植物の栽培において、日々の成長を枝・葉レベルでくまなく把握し、適切な管理を行...

2018年4月17日
ペーパーレス化に待った!紙を用いた電子ペーパーの開発に成功

大阪大学産業科学研究所の古賀大尚特任助教、能木雅也教授らの研究グループは、紙を用いてフレキシブルな電子ペーパーを作製することに成功しました。 我々人類は、約2000年もの間、手書きや印刷で紙に情報を表示してきました。 しかし近年では、電子ペーパー端末等の普及により、情報表示媒体としての紙の価値が...

2018年3月20日
自然なゆらぎ演出LED技術 社会実装化へ!

大阪大学産業科学研究所の神吉輝夫准教授は、兵庫県立大学、ゼロバイゼロ社、株式会社博報堂との共同研究で、世界初のゆらぎシンクロ型演出照明を開発しました。 演出型照明は、特に欧米において、日常的に癒し空間を提供する道具であり、昔からキャンドルライトが使われてきました。近年では、技術の発達に伴い炎を使わ...

2018年3月7日
持ち運び可能な微生物センサーを開発

内閣府の総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)で、宮田令子プログラム・マネージャーが担当している研究開発プログラムの一環として、名古屋大学大学院工学研究科の馬場嘉信教授、安井隆雄准教授、矢崎啓寿大学院生らが、九州大学先導物質化学研究所の柳田剛教授、大阪...

2018年2月21日
歩容認証システム~歩く姿で個人を認証、新たな科学捜査の方法~

歩く際の姿勢や歩幅、腕の振り方などは、人によって異なります。歩き方の個性を利用して、個人を識別する方法が「歩容認証」です。犯罪捜査にも応用されている歩容認証のメリットとは? その最新技術を紹介します。...

2018年1月23日
高性能のアモルファス性太陽電池材料の開発に成功

大阪大学産業科学研究所の家裕隆准教授らの研究グループは、ドイツマックスプランク高分子研究所のBlom教授らと共にアモルファス特性を持つ有機薄膜太陽電池材料の高性能化に成功しました。 これまで結晶性の太陽電池材料が高性能化に有利と考えられていましたが、アモルファス材料でも高性能化に道筋がつけられたこ...

2018年1月19日
細胞分裂期の染色体凝縮はマグネシウムイオンの増加によって起こる

細胞が分裂する際、ヒトでは全長2メートルにもおよぶゲノムDNAからコンパクトに凝縮した「染色体」と呼ばれるDNAの束が作られ、2つの細胞に正確に分配されていきます。半世紀以上前、細胞に大量に存在するマグネシウムイオン(Mg<sup>2+</sup>)がゲノムDNA凝縮の鍵となりうることが提唱されたこ...

2018年1月12日
黒リン、バナジン酸ビスマス(BiVO4)のナノ材料からなる可視光応答型光触媒を開発

大阪大学産業科学研究所の真嶋哲朗教授、藤塚守准教授らの研究グループは、黒リンとバナジン酸ビスマス(BiVO4)を用いた光触媒を開発し、この光触媒を使用すると紫外光のみならず可視光の照射によっても、水から水素と酸素を同時に効率よく生成できることを世界で初めて見出しました。 従来の光触媒では、太陽光の...

2017年12月29日
日本産ハナガサクラゲより開発!耐酸性緑色蛍光タンパク質Gamillus

大阪大学産業科学研究所の永井健治教授らの研究グループは、鶴岡市立加茂水族館から提供された日本産ハナガサクラゲから、pH4.5-9.0の細胞環境で安定して蛍光する、耐酸性の緑色蛍光タンパク質“Gamillus”の開発に成功しました。 今回研究グループは、ハナガサクラゲの光る触手から、蛍光タンパク質を...

»

産業科学研究所の研究 tag cloud

これらの研究に携わるには

Tag Cloud

back to top