日付で探す
研究組織で探す
生命科学・医学系
2020年6月3日

細胞内の“ゴミ袋”オートファゴソームの「大きさ」を制御する重要因子を発見

大阪大学大学院歯学研究科の野田健司教授および京都産業大学の永田和宏名誉教授らの研究グループは、オートファゴソームの大きさ決定に関わるタンパク質を発見しました。 オートファジーとは細胞が自分自身の成分を分解する作用のことであり、ヒトを含む動物や植物など(真核)生物が普遍的に備えているものです。分...

生命科学・医学系
2020年4月30日

嫌いだった食べ物を好きになる脳の不思議

脳内麻薬カンナビノイドを介した味覚嫌悪記憶を消去する高次脳メカニズムを解明

大阪大学大学院歯学研究科の豊田博紀准教授(口腔生理学教室)は、味覚嫌悪記憶の消去に関わる脳メカニズムを明らかにしました。 大脳皮質第一次味覚野※2は、味覚嫌悪学習の獲得や消去に重要な役割を果たすことが知られていますが、その脳メカニズムはよく分かっていません。今回、豊田准教授は、大脳皮質第一次味...

生命科学・医学系
2020年3月26日

大阪万博に向けて!歯科診療ビッグデータ構築基盤の運用開始

大阪大学歯学部附属病院(病院長:村上伸也)、株式会社モリタ(社長:森田晴夫)、株式会社モリタ製作所(社長:塚本耕二)は、歯科診療におけるIoTセンシングデータと膨大な診療中の映像をAIにより学習させた「歯科診療認識AIチェアユニット」の開発をスタートしました。 将来的には「歯科診療認識AIチェ...

生命科学・医学系
2020年3月6日

漢方薬・四逆散は細胞みずからの分解を防いでいた

オートファジー関連病の治療に期待

大阪大学大学院歯学研究科・生命機能研究科(兼任)の野田健司教授らの研究グループは、日本薬局方に収載されている漢方薬の一つ、四逆散が、オートファジーの活性を抑えることを見出し、その機構を明らかにしました。 漢方薬は、西洋医学の発達とは長年離れて置かれていましたが、近年、その効果が再認識され、処方薬お...

生命科学・医学系
2020年2月26日

自閉スペクトラム症患者に生じている遺伝子突然変異が脳の発達や社会性に異常をもたらす分子メカニズムを解明

自閉スペクトラム症の治療戦略の開発に期待

大阪大学大学院歯学研究科の中澤敬信准教授、同薬学研究科の橋本均教授、国立精神・神経医療研究センターの橋本亮太部長のグループは、自閉症患者から最も多くの突然変異が同定されているものの、その機能がほとんどわかっていないPogo transposable element with zinc finger ...

生命科学・医学系
2020年1月31日

「触れる」感覚の仕組み解明に向けて大きな一歩

ネズミの“ヒゲ”で明らかになる神経機構

大阪大学大学院歯学研究科の古田貴寛講師らの研究グループは、米国ノースウェスタン大学のMitraHartmann(ミトラハートマン)博士らの研究グループとの国際共同研究において、ネズミのヒゲ感覚が末梢神経の活動に変換される際、形態学的特徴によって分類される神経終末受容器が、その形態に応じて異なる反応特...

Tag Cloud

back to top