日付で探す
研究組織で探す
生命科学・医学系
2017年6月22日

体温調節を担う汗腺の三次元構造の可視化に成功

熱中症や多汗症の解明や治療、次世代型制汗剤の開発に期待

大阪大学大学院薬学研究科先端化粧品科学(マンダム)共同研究講座の岡田文裕招へい教授、蛋白質研究所寄附研究部門の関口清俊教授、大学院医学系研究科情報統合医学皮膚科学講座の片山一朗教授の研究グループは、発汗時における汗腺収縮の解明につながるヒト汗腺の三次元構造を可視化することに、世界で初めて成功しました...

生命科学・医学系
2017年6月22日

脳全体を高速・精細に観察できる新技術を開発

脳疾患の機構と創薬研究に貢献

大阪大学大学院薬学研究科の橋本均教授、笠井淳司助教、未来戦略機構の勢力薫特任助教(薬学研究科招へい教員)らの研究グループは、脳の細胞や神経繊維レベルの微細な構造を識別できる分解能で、マウスや非ヒト霊長類の脳全体を高速に観察できるイメージング装置(FAST, block-face serial mic...

生命科学・医学系
2017年5月3日

心臓の秘められた再生能力を発見

新たな心不全再生治療法開発の可能性

大阪大学大学院薬学研究科の藤尾慈教授らの研究グループは、マウスの心筋炎モデルを用いて解析し、おとなのマウスの心臓においても、心筋炎が自然治癒する過程で心筋細胞が増殖することを世界で初めて明らかにしました。 これまで哺乳類の心筋細胞は、生直後に増殖能を失うものと考えられており、おとなの哺乳類の心臓で...

Tag Cloud

back to top