»
日付で探す
研究組織で探す
2016年12月16日

遠い軌道の太陽系外惑星は海王星質量が最も多いことが判明

惑星の形成過程解明へ重要なステップ

大阪大学大学院理学研究科の住貴宏准教授、名古屋大学宇宙地球環境研究所の阿部文雄准教授、NASAゴダード宇宙飛行センターの鈴木大介研究員を中心とするMOAグループは、天の川銀河の中心方向で発生する重力マイクロレンズ現象を観測することで、太陽以外の星の周りを回る惑星(系外惑星)のうち、特に冷たい惑星の中...

2016年12月9日

物質の根源クォークにひそむ複雑性を発見

宇宙を形作る素粒子の運動におけるカオスの指標の定式化

橋本 幸士(大阪大学大学院理学研究科教授)は、村田 佳樹(慶應義塾大学日吉物理学教室助教)、吉田 健太郎(京都大学大学院理学研究科助教)との共同研究により、物質素粒子クォークの力学における複雑性の指標を計算することに、世界で初めて成功しました。運動の複雑さは、カオス理論で指標化されます。この世界を形...

2016年12月8日

現存する全物質を永久磁石で分離する原理を実証

一般家庭で資源リサイクルが実現するなど、幅広い応用が可能

大阪大学大学院理学研究科の植田千秋准教授らの研究チームは、小型ネオジム磁石および小型・微小重力発生装置を用いて、固体粒子の混合物を、物質の種類ごとに分離できる事を実証しました。今後、資源探査技術、資源リサイクル技術あるいは「固体版クロマトグラフィ」などの開発への応用が期待されます。 本研究成果...

2016年11月12日

極性構造歪みの制御を通じた熱電変換効率の向上に成功

新原理の熱電変換材料へ道

大阪大学大学院理学研究科 酒井英明准教授(JSTさきがけ研究者兼任,研究当時:東京大学大学院工学系研究科 助教)、東京大学大学院工学系研究科 石渡晋太郎准教授(JSTさきがけ研究者兼任)、同研究科 池浦晃至元大学院生らの研究グループは、強誘電体と同様な構造転移を室温近傍で示す珍しい導電性化合物を発見...

2016年11月11日

凹み傷も切り傷も自己修復できるコーティング材料を開発

車のコーティングから止血シートまで幅広い分野で製品化に繋がる可能性

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の伊藤耕三プログラム・マネージャーの研究開発プログラムの一環として、大阪大学大学院理学研究科基礎理学プロジェクト研究センター原田明特任教授(常勤)らの研究グループは、これまでにない新しい設計原理の自己修復材料...

2016年11月9日

非晶質微粒子が残存≒約千年以内に活動した断層!

活断層の新たな活動性評価方法となる事に期待

大阪大学大学院理学研究科の廣野哲朗准教授らの研究グループは、活断層に含まれる非晶質微粒子に着目し、その溶解速度を解析した結果、「非晶質微粒子が残存している断層≒約1000年以内に活動した活断層」という活断層の活動性の新たな評価メソッドを提案しました。 本研究成果は、英国Nature Publi...

2016年11月1日

膜タンパク質の構造を迅速に解明する手法を開発!

新薬の設計をSACLAの新技術で加速

大阪大学大学院工学研究科の溝端栄一講師、同理学研究科の村田道雄教授(JSTERATO「村田脂質活性構造プロジェクト」研究総括を兼任)、東京大学大学院理学系研究科の中根崇智研究員、高輝度光科学研究センターXFEL利用研究推進室の登野健介チームリーダー、理化学研究所放射光科学総合研究センターの岩田想グル...

2016年10月4日

相同組換え酵素Rad51が染色体異常を抑制するメカニズムを解明

がんなどに特異的な抗がん剤の開発に期待

大阪大学大学院理学研究科の中川拓郎准教授、升方久夫教授、高橋達郎助教、大仲惇司(博士課程3年)らの研究グループは、染色体研究のモデル生物である分裂酵母を用いて、DNA相同組換え酵素であるRad51とRad54がリピート配列の間での「非交叉型組換え」を促進することで、Mus81によって起こる「交叉型組...

2016年9月6日

鉄化合物における巨大な熱電効果の起源解明

低温で高い性能を示す熱電変換素子の新たな設計指針

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の高橋英史助教(研究開始時:名古屋大学大学院理学研究科 日本学術振興会特別研究員PD)、同研究科の石渡晋太郎准教授(JSTさきがけ研究者兼任)、名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻の寺崎一郎教授、大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センターの萩原政幸...

2016年8月31日

トポロジカル近藤絶縁体の特異な2次元電子状態を発見

次世代半導体素子の省エネルギー化やスピントロニクス素子実現に一歩近づく成果

大阪大学大学院理学研究科の萩原健太氏(修士2年),生命機能研究科の大坪嘉之助教,木村真一教授,自然科学研究機構分子科学研究所の田中清尚准教授,Synchrotron SOLEIL(仏)のAmina Taleb(アミナ・タレブ)博士,高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所の組頭広志教授,広島大学...

»

Tag Cloud

back to top