»
日付で探す
研究組織で探す
2016年12月23日

タンパク質中の原子の動き、自由電子レーザーにより動画撮影に成功

光によって水素イオンを輸送する仕組みを解明

南後恵理子 京都大学大学院医学研究科客員研究員 兼 理化学研究所研究員、岩田想 京都大学大学院医学研究科教授 兼 理化学研究所グループディレクター、久保稔 理化学研究所専任研究員、矢橋牧名理化学研究所グループディレクター、登野健介 高輝度光科学研究センターチームリーダー、中根崇智東京大学大学院理学系...

2016年12月6日

大面積でナノサイズの穴が全て同じ方向を向いた多孔質MOF薄膜の合成に、世界で初めて成功

大阪府立大学(学長:辻洋)大学院工学研究科および21世紀科学研究機構/ナノメゾ材料国際共同研究所の高橋雅英教授、徳留靖明准教授と、大阪大学大学院工学研究科の岡田健司助教(2015年11月まで上記大阪府立大学の研究グループに在籍し、本成果の研究に注力)、オーストラリア(オーストラリア連邦科学産業研究機...

2016年12月2日

カルシウムイオンの欠乏が細胞分裂異常を誘導する

染色体異常が関係する疾患の治療・予防への応用に期待

大阪大学大学院工学研究科の髙田英昭助教、福井希一名誉教授、Rinyaporn Phengchat(ペンチャットリンヤポーン)大学院生の研究グループは、生きた細胞を用いて、細胞分裂する際の染色体凝縮にカルシウムイオンが必要であることを世界で初めて明らかにしました。また、細胞内カルシウムイオン濃度の減少...

2016年11月11日

遠隔操作性と繊細な作業性を備えた建設ロボットを開発

ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジによる新しい災害対応重作業ロボットの開発

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ(プログラム・マネージャー:田所諭)の一環として、研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」責任者大阪大学大学院工学研究科吉灘裕(よしなだひろし)特任教授(常勤)、神戸大学大学院...

2016年11月1日

膜タンパク質の構造を迅速に解明する手法を開発!

新薬の設計をSACLAの新技術で加速

大阪大学大学院工学研究科の溝端栄一講師、同理学研究科の村田道雄教授(JSTERATO「村田脂質活性構造プロジェクト」研究総括を兼任)、東京大学大学院理学系研究科の中根崇智研究員、高輝度光科学研究センターXFEL利用研究推進室の登野健介チームリーダー、理化学研究所放射光科学総合研究センターの岩田想グル...

2016年10月31日

工業炉分野で化石燃料の代替燃料、アンモニアの社会実装に一歩近づく

NOxの発生量を抑制する「アンモニア燃焼技術」を開発

大陽日酸株式会社、大阪大学大学院工学研究科教授の赤松史光らの研究グループは、アンモニア燃焼の工業炉分野への適用を目指して、共同研究を実施しており、この度アンモニアを燃料として、NOxの発生を環境基準以下まで抑制し、同時に火炎の伝熱強化を達成する燃焼技術の開発に成功しました。これにより、産業分野でのエ...

2016年10月31日

世界初!アンモニアと混焼する微粉炭の詳細燃焼挙動を明らかに

再生可能エネルギーの利用拡大につながる新たな知見

大阪大学大学院工学研究科の赤松史光教授らの研究グループは、微粉炭とアンモニアの混焼の様子を、高い時間・空間分解能で可視化することに世界で初めて成功しました。水素は、再生可能エネルギー・化石燃料からの製造が可能で、エネルギー供給源の多様化にも寄与します。アンモニアは、水素を効率よく輸送・貯蔵するエネル...

2016年10月25日

“壊すことで大きくする”革新的なタンパク質結晶育成法を開発

様々なタンパク質の機能解明に期待

埼玉大学吉川洋史准教授、大阪大学丸山美帆子元特任助教(現京都府立大学特任講師および北海道大学低温科学研究所研究員)、森勇介教授、横浜市立大学橘勝教授、東北大学金属材料研究所小泉晴比古助教、株式会社創晶らの共同研究グループは、レーザーによる破壊プロセスを用いた、大型タンパク質結晶育成の革新的技術を開発...

2016年10月24日

生薬「甘草」のゲノム解読に成功

重要生薬の原料の安定供給と有用遺伝子の探索に貢献

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター統合メタボロミクス研究グループの斉藤和季グループディレクター(千葉大学大学院薬学研究院教授)、セルロース生産研究チームの持田恵一チームリーダー、統合ゲノム情報研究ユニットの櫻井哲也ユニットリーダー(高知大学総合科学系複合領域科学部門准教授)、大阪大学大学院...

2016年10月24日

ヒトと植物細胞の部分的な細胞融合に成功

16億年の進化を超えて保存される生命原理の解明の第一歩に

大阪大学大学院工学研究科の和田直樹特任助教(研究当時は鳥取大学大学院医学系研究科所属)は、鳥取大学染色体工学研究センターの押村光雄教授の指導を受け、大阪大学大学院薬学研究科の福井希一招へい教授(大阪大学名誉教授、鳥取大学染色体工学研究センター特任教授兼任、研究当時は大阪大学大学院工学研究科所属)らと...

»

Tag Cloud

back to top