»
日付で探す
研究組織で探す
2015年12月28日

強磁場により軌道量子揺らぎの時間スケールを初観測!

量子コンピュータなどの基盤形成に必要な物質開発へ道

大阪大学大学院理学研究科附属先端強磁場科学研究センターの萩原政幸教授と同研究科物理学専攻中野岳仁助教、野末泰夫教授らのグループは、東京大学物性研究所中辻知准教授らのグループ、華中科技大学 韓一波(Yibo Han)准教授との共同研究により、銅酸化物において、低温まで電子軌道が凍結せず、量子揺らぎによ...

2015年12月28日

回って、廻る、細菌べん毛

コマのような新しいべん毛運動が明らかに

下權谷祐児(東北大学学際科学フロンティア研究所 助教)及び石川拓司(同大学院工学研究科 教授)は、石島秋彦(大阪大学大学院生命機能研究科 教授)、井上裕一(東北大学多元物質科学研究所 助教)、澤野耀一郎(同大学院生命科学研究科 大学院生)及び分部寛道(元同大学院生命科学研究科 大学院生、現同大学院医...

2015年12月22日

細胞内タンパク質の動きを調べる新たな計測手法を開発

アルツハイマー病などの原因となる凝集性タンパク質形成の初期診断に期待

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT、理事長:坂内正夫)、国立大学法人北海道大学(総長:山口佳三)、国立大学法人大阪大学(総長:西尾章治郎)は、溶液中の蛍光分子の回転拡散運動を計測する方法の開発に成功しました。 これは、独自開発した検出器(超伝導ナノワイヤ単一光子:SSPD)を蛍光相関分...

2015年12月14日

物質が結晶化する瞬間をキャッチ!

世界初!予想外の激しいイオンの運動をX線高速ナノ計測

水から氷が析出する現象や、生体内に胆石ができる現象等、液体から固体が現れる析出現象は、食品や医薬、工業製品などの幅広い製品の生産において利用されており、また医療現場においても、タンパク質分子の異常凝集が疾病原因と言われる難病が存在するなど、様々な研究・開発領域に関係する、どこででも起こっている物理化...

2015年12月8日

急性心筋梗塞後の心不全発症メカニズムを解明

慢性期の心不全発症抑制実現に向けて

急性心筋梗塞後の心不全の発症は世界的に重大な問題となっています。大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学寄附講座(森下竜一寄附講座教授)の谷山義明寄附講座准教授、眞田文博特任助教らは、心筋梗塞後の機械的伸展刺激(メカニカルストレス)により主に線維芽細胞 から分泌されるたんぱく質のペリオスチンに着目...

2015年12月7日

次世代デバイス開発の扉を開く電子構造を発見

トポロジカルな舞台での「強相関スピントロニクス」時代の幕開けへ

シリコンデバイスの微細化と性能限界の問題が目前になり、次世代デバイスの台頭が待たれています。電子の自由度の1つである電荷を操る「エレクトロニクス」で繁栄した人類をさらに飛躍させる未来型デバイス開発の鍵として、電子が持つもう1つの性質であるスピンをも制御する「スピントロニクス」が注目されています。しか...

2015年12月2日

従来顕微鏡の約2倍の解像力を実現!

幅広い産業分野の製品の品質向上・高機能化に期待

大阪大学大学院工学研究科の藤田克昌准教授、河田聡教授、同大学院薬学研究科の橋本均教授らの研究グループは、創薬からデバイス開発まで幅広い科学・産業分野で利用されているラマン散乱顕微鏡の解像力を、従来の約2倍向上させることに成功しました。ラマン散乱は非常に微弱な効果であるため、その解像力を向上することは...

2015年12月2日

1次元での電子の振る舞いを固体表面で実証

次世代半導体デバイスにおける極微金属ナノ配線の性質の予測に道

大阪大学大学院生命機能研究科の大坪嘉之助教、木村真一教授、自然科学研究機構分子科学研究所の田中清尚准教授、Synchrotron SOLEIL(仏)のAmina Taleb(アミナ・タレブ)博士らの研究グループは、半導体の結晶表面に作製した1次元ナノ金属において、朝永・ラッティンジャー液体と呼ばれる...

2015年12月1日

世界初!パーキンソン病発症の鍵「レビー小体」の蛋白質レベルの構造解析に成功

根本的な治療法開発の手がかりに

大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学講座(神経内科学)の望月秀樹教授、荒木克哉医員らの研究グループは、公益財団法人高輝度光科学研究センター (JASRI)の八木直人博士らとの大型放射光施設SPring-8における共同研究で、放射光顕微赤外分光法という手法を用いて、パーキンソン病の患者の脳内で形成さ...

2015年11月30日

SACLAでタンパク質の硫黄原子を利用した結晶構造の決定に成功

創薬ターゲットとなる多様なタンパク質の未知な立体構造の解析が可能に

理化学研究所放射光科学総合研究センターSACLA利用技術開拓グループの菅原道泰特別研究員、岩田想グループディレクター(京都大学大学院医学研究科 教授)、XFEL研究開発部門ビームライン研究開発グループの矢橋牧名グループディレクターと東京大学大学院理学系研究科の中根崇智研究員、大阪大学蛋白質研究所蛋白...

»

Tag Cloud

back to top