« »
日付で探す
研究組織で探す
2018年9月25日

数字から見えてくる社会の姿 〜データ分析から真実を伝える〜

国際公共政策研究科・教授・小原美紀

小原美紀教授は、労働と消費を軸に、個人の行動決定と政策との因果関係を研究している。介護、養育、教育、健康など社会のさまざまな問題を取り上げ、データを使って解明を試みている。...

2018年9月21日

「人間を知る道具」としてのロボット

工学研究科・教授・浅田 稔

ロボットを使って人間とは何か?を探るのが、認知発達ロボティクスという学問です。人間に備わっている「知能」特に言語習得能力はどのようにして生まれるのか? 「人間」という大きな謎に挑む学問を紹介します。...

2018年9月20日

生体、細胞を自在に光らせる〜ナノ材料を生かしたバイオイメージングの最先端〜

高等共創研究院/産業科学研究所・准教授・小阪田泰子

可視化や画像化を意味するイメージング。その中でも、細胞や個体レベルで、特定のタンパク質などの分布を画像解析する技術であるバイオイメージングは、医療やライフサイエンスの分野で幅広く応用されている。より高性能なバイオイメージングツールの開発が求められる中、高等共創研究院の小阪田泰子准教授は、生体適合性の...

2018年9月19日

大切な歯の保存は積極的なケアから!

歯学研究科・教授・恵比須 繁之

虫歯や歯周病になった歯を抜かずに治療して保持しようとする「歯科保存学」。その新しい考え方が「サポーティングオーラルセラピー(SOT)」です。SOTの具体的な取り組みとその成果や意義を探ります。...

2018年9月18日

販売競争・価格競争を 企業、消費者の視点、 時代背景の中で読み解く

社会経済研究所・教授・松島法明

松島法明教授は経済学のフレームワークを用いて、企業の経営戦略とそれに対する競争政策を研究している。...

2018年9月14日

まちづくりを強力に推し進める、ことばの不思議な力

人間科学研究科・教授・渥美 公秀

ボランティア活動の代表格まちづくり。まちづくりを進めるには、多くの人を巻き込むことがポイントです。人々を一つにまとめるのに効果的な、「キャッチフレーズ」が生み出す力について説明します。...

2018年9月13日

もっと「使える」スパコンをめざして〜幅広い研究ニーズに応えるシステムを〜 〜

サイバーメディアセンター・准教授・伊達進

伊達進准教授は、計算機のインフラ整備やシステム構築などを通じて、スーパーコンピュータを社会に広く普及させる研究に取り組んでいる。津波の被害規模の計算を早期化するためのシステム整備から、医療データを解析するためのインフラ整備まで多岐に渡る。ネットワークのセキュリティも重要なテーマだ。ハイブリッド型スー...

2018年9月12日

既存のネットシステムは破綻寸前! 新しいネットワークを構築する

情報科学研究科・教授・若宮 直紀

4台のコンピュータをつないで始まったインターネット。システム自体は当時とあまり変わらず、このままでは破綻する言われています。この問題を解決する全く新しいネットワークシステムの一つ「自己組織化」とは?...

2018年9月11日

ヒトと人の間を繋ぎたい〜集団経済実験とfMRI実験で行動経済学にアプローチ〜

社会経済研究所・講師・犬飼佳吾

人は一見不合理な行動をとる時がある。社会経済学研究所の犬飼佳吾講師は、進化の歴史をたどってきた「ヒト」としての生理学的要因を考慮することで、不合理な行動を説明できるのではないかと考えている。社会科学的なアプローチでとらえた「人」と、神経科学的な実験や他の動物との比較から見えてくる生物としての「ヒト」...

2018年9月10日

伝統音楽から東南アジアを探ってみよう

人間科学研究科・教授・福岡 まどか

独奏ではなく合奏音楽が主流の東南アジア。金属楽器や太鼓、木琴のほか自然のものを使った楽器まで、その種類は多彩です。伝統楽器とその音楽から垣間みることのできる、東南アジアの文化にふれてみましょう。...

« »

Tag Cloud

back to top