»
日付で探す
研究組織で探す
2014年12月1日

トガって、走って、未知の世界へーCO2抑制から活用へ、革新的技術を創り出す

「二酸化炭素から基礎化学品を作る革新的グリーン技術の開発」と題する研究が、本年度の「未来知創造プログラム」の一つに採択されている。これは、画期的な触媒システムの開発を通じて、社会のさまざまな分野で求められている化学材料を二酸化炭素から効率よく作り出そうという試みだ。従来、抑制の対象とされてきた二酸化...

2014年12月1日

2014年 柏木 正 工学研究科 教授

船舶海洋工学のトップリーダーを育てることは大阪大学に課された歴史的責務...

2014年12月1日

2014年 砂原庸介 法学研究科 准教授

経験を糧に研究領域を開拓 地方自治の本質に迫る ...

2014年12月1日

高齢者の健やかで幸せな老後のためにー認知科学や老年社会学で多面的アプローチ

「年をとっても健やかな心で幸せに生きたい」とは誰もが願うことだろう。認知神経心理学が専門の苧阪満里子教授は、人の認知の基盤をなす記憶システムであるワーキングメモリの研究を通して、高齢者の記憶、認知機能の変化に着目する。今年度、苧阪教授が代表を務める国際共同研究促進プログラム「超高齢期高齢者のサクセス...

2014年12月1日

生命現象の 根本に化学があるー高分子化学研究で世界的な業績

原田明特別教授は「高分子化学に関する研究」で多くの世界的業績を残してきた。研究テーマは、高分子の分子認識による超分子構造の構築や、生体高分子の機能化、新規高分子の合成。大阪大学の教授だった父・篤也さんの「阪大は世界一の大学だ」という勧めで、大阪大学理学部に入学。以来、研究の面白さに触れ研究者に。生体...

2014年9月1日

2014年 由本陽子 言語文化研究科 教授

現代人の心の中にある「辞書」 日常の「ことば」を探究する...

2014年9月1日

2014年 金城 玲 蛋白質研究所 准教授

阪大発の蛋白質データバンク構築 生命科学研究で世界をつなぐ...

2014年9月1日

障害のある子と親のQOLを高めたい

大阪大学は今年度、新たな研究の種を生み出すべく、学内の異なる分野の若手研究者3名で行う共同研究を支援する「未来知創造プログラム」を開始した。そのうちの一つが、今回紹介する「歯科医療現場における障害のある子どもとその親への包括的支援プログラムの開発」だ。障害者歯科学、臨床哲学、臨床心理学という文理3領...

2014年9月1日

世界的な理論研究者との強力タッグで究極のナノデバイスを可能にする

杉本宜昭准教授の研究は、走査型プローブ顕微鏡(SPM)。これを武器にナノ構造化学、薄膜・表面界面物性に迫る。SPMの一種である原子間力顕微鏡(AFM)の開発に力点を置く。AFMを使って物質表面の原子がどこにどのように配置しているのかを見極めることが、可能になった。この研究で、2009年アジア人として...

2014年9月1日

生体ナノマシンの構造に迫る

難波啓一特別教授の専門は、生物物理学・構造生物学、プロトニックナノマシンの研究だ。生体の中では生命を維持する様々な機構が働いている。大腸菌などのバクテリアは、細胞の一部にべん毛という小器官をもっている。生体内のモーターのようなつくりで、べん毛を回転させて動き回る。直径数10nm(ナノメートル)の生体...

»

Tag Cloud

back to top