大須賀公一

2018年2月22日
「まとも」と「へんな」の共存で未来の建設・鉱山機械を研究【コマツみらい建機協働研究所 】

2006年にスタートした大阪大学とコマツとの共同研究講座をさらに発展させ、より広範囲な領域で強力な産学連携を推し進めるため、両者が共同で2015年に「コマツみらい建機協働研究所」へ改組した。「建設・鉱山機械の遠隔化・自律化」に関する研究では、製品応用化が見込まれるような新技術を生み出したほか、研究者...

2017年6月19日
新機構を備えた複腕建設ロボット

内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)タフ・ロボティクス・チャレンジ研究開発課題「災害対応建設ロボットの開発」(研究開発課題責任者:大阪大学大学院工学研究科 大須賀公一(おおすかこういち)教授、プログラム・マネージャー:東北大学大学院情報科学研究...

2017年4月4日
世界初!本物のムカデのようにしなやかに動くロボットを開発

大阪大学大学院工学研究科の大須賀公一教授は、岡山理科大学の衣笠哲也教授、林良太教授、吉田浩治教授、東北大学の大脇大助教、石黒章夫教授らと共同で、いまだかつてないほど「生き生きと動きまわる」ムカデ型ロボット「i-CentiPot(implicit controlled centipede robot)...

Tag Cloud

back to top